西区役所の隣に建つ西部交流センターは、浴場・多目的室・研修室・大広間の他に、キッズスペースや足湯・売店・多目的広場・談話室・交流室がございます。若者から高齢者まで地域のコミュニケーション拠点として、健康づくりの場としてご利用いただけます。

施設からのお知らせ

【重要】一時休館のお知らせ

新型コロナウィルス感染拡大をうけ、熊本市のリスクレベルがレベル5厳戒警報となりました。よって、当施設は令和3年4月26日(月)から当面の間、休館とさせて頂きます。貸館の予約につきましても当面の間、一時休止いたします。
皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

施設の開館及びカルチャー講座の再開については、日程がわかり次第、ホームページ・Facebook・LINE等でお知らせいたします。


【重要】多目的室・研修室 利用人数変更等のお知らせ(2021.3.31)

新型コロナウィルス感染拡大の防止、利用者の健康及び安全等を保持する観点から、令和3年4月1日(木)より利用人数等の変更を行いますので、ご確認くださいますようお願いいたします。

【利用の制限事項】

(1)利用人数の厳守
<利用可能な多目的ホール・研修室 および 最大定員>

施設名称 最大定員
多目的室(全面) 運動利用 30人、会議利用 60人
多目的室(一部) 16人
卓球(A・B) 1台の定員 4人
研修室(全面利用) 20人
研修室(半面利用) 10人
各施設、極力少人数でのご利用をお願いいたします。
机は1名から2名掛けにして、人との距離をあけてください。
登壇者との距離、また、対面でご利用の場合は間隔を2m以上あけてください。
クラスターが発生しないよう、大きな声や近い距離での会話は、お控えください。
施設使用時は換気のため、入口扉および室内の窓を開けて使用してください。
多目的室および研修室予約時の予定利用人数が、今回新たに設定した定員を上回る場合は、ご利用を中止させていただきます。

(2)参加者名簿を作成してください

名簿は主催者で管理を行ってください。(氏名・連絡先等は新型コロナウィルス感染症の疑いが生じた場合、照会させていただく場合があります)
施設利用者に新型コロナウィルス感染症の発症者が出た場合、クラスターを防ぐため、保健所等の関係機関との間で、作成いただく名簿が必要となります。参加者には、あらかじめ、発症者が出た場合に名簿情報を保健所等の関係機関と共用することの確認、承諾を取ってください。
名簿作成が行われているか確認させていただく場合があります。

(3)参加者への周知について

主催者は必ず、参加者の体温及び体調の確認を行ってください。発熱や吐き気など風邪のような症状や体調が優れない方が確認された場合は、速やかに退館をお願いします。
参加者全員にマスク着用を徹底させてください。未着用者には主催者でマスクをご準備ください。

入退出時に手指消毒の徹底をお願いいたします。アルコール消毒液は会場入口に設置しています。

施設使用後には、使用したイス・机・演台・レンタル備品などの消毒にご協力ください。
貸室使用にあたっては、スタッフの指示に従ってください。指示に従われない場合は、利用を中止いただく場合があります。
皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

その他詳細は、西部交流センター(096-273-6996)までお問い合わせください。

★多目的室・研修室 ご利用にあたって(PDF 281KB)